ブログ内検索

2017年1月10日

thumbnail

共働きの味方!我が家に食洗機がやってきたー



こんにちは、アラサーOLのももこです。

夫が数年前から欲しい欲しい言ってたもののひとつである食洗機を買うことになりました

きっかけは、我が家の食器洗いルール「自分のものは自分で洗う」ことになってるのですが、夫は自分の食器を使う直前に洗うため、常にシンクに夫の食器類があり、若干私のイライラがたまってきたのと、あきんこさんのブログでも時短家電として食洗機が紹介されており、ほしくなっちゃった(笑)

外部リンク 年間18万コスト削減!時間を買う!時短家電のご紹介②♪

イライラはね、健康によろしくないし、いちいち食器ごときで夫婦喧嘩したくないものですから、もうほぼ致し方なく食洗機購入のGOサインを夫に出しました。




食洗機は老舗のPanasonicに決定〜。

たしか食洗機欲しい欲しいブームがピークだった2011年〜2012年ごろに、「食洗機買うんだったら象印かPanasonicだねー」って夫と話をしていました。

両社とも、小さいキッチンでも置けるコンパクトサイズの食洗機を出していたのですが、今は象印の食洗機は売ってないんですー。

そうなると消去法でPanasonic。リンナイも出してますが、ビルトインだったり、大容量がメインなので、我が家の狭いキッチンには置けそうもないので検討外でした。


食洗機はおいくら万円?

食洗機購入を検討した数年前は、新品で6万円前後だったと記憶しています。なので、一人当たり3万円は出資を覚悟していました。

ところが、夫が「amazonで中古が売ってあるよー」と、新品だと4万〜6万円する2013年のモデルを見つけてきたのですー!うちは新品にこだわりないので、全然中古でいい!
結論としてはかなりお安くすみました!その内訳がこちら。

食洗機本体:23,900円
分岐水栓:4,427円
ホース:60円
設置費用:0円
-------------------------------
合計28,387円 (@14,193円)

なーんと、全部で3万円いきませんでした!
一人当たりの負担も1万5千円で、予想の半分ですみましたー(*´ω`*)

水道の分岐をする作業は、全て夫が手作業でやってくれたので人件費はかからずにすみました。私だったら家の中ビッショビショにするので無理です。。

設置作業途中、手伝う手伝わないで夫婦喧嘩がありましたが、無事に設置作業完了です。

洗い上がりも満点で、私がバタバタしてて食洗機用の洗剤入れ忘れたのに、ピッカピカにきれーになってました(笑)ありゃ?洗剤いらない・・・?

食洗機用の洗剤代って高いのかなーと思いきや、そんなでもないですよ。
それよりも、今まで洗っていた時間が生まれるのだから、洗剤代なんて数百円、出しますよぉ(´・ω・`)

購入した食洗機はこちらのスタイリッシュなデザインの食洗機でしたー。中古の在庫がまだあったので、リンクも貼っておきますー。



中古の食洗機購入時の注意点

今回購入した中古の食洗機ですが、食洗機本体はほぼ新品のようなキレイさでしたが、設置作業中にあることに気が付きました。

それは、排水ホースが短く切られているー!!(´・∀・`)

食洗機を設置する向きにもよりますが、おそらく前の所有者さんはキッチンと並行して食洗機を置くような感じで使われていたのか、排水ホースが1メートルあるはずなのに30センチ〜40センチしかなく、無残にも切り取られていました(笑)

これじゃあ排水ホースがシンクに届かないよーってことで、近所のホームセンターへ行き、排水ホースを探したのですが、そこそこの大きいホームセンターでも、食洗機の排水ホースは売ってないんですねー。

室外機の排水ホースだったらあるのですが、なかなかサイズや固さが合わず、ホームセンターの店員さんに「ネットで延長用の排水ホースを購入されては?」と言われてしまいました。

そこで諦めないのが我が夫婦!こういう時はアイデア勝負です!

なんと、切られちゃった排水ホースに園芸用のちょいと大きめのホースをくっ付けて、ビニテで接続部分を接着しました(笑)(*´ω`*)それが、上記のホース60円です。

ホームセンターだと、10センチ単位でホースの切り売りをしているので、欲しい長さの分だけを購入できましたー。

手作り感満載な排水ホースですが、試したところ水漏れすることなく使えています。

もし中古購入時に、ホースがちょん切られていたら、ネットで延長用の排水ホース(1,000円ぐらい)を購入するか、私のようなやり方もありますのでご参考までに~。

No Comments