ブログ内検索

2016年9月19日

thumbnail

ポイントバケーションリロ|ヴァークスイート箱根の体験宿泊レポート2


ヴァークスイート箱根

ポイントバケーションリロの体験宿泊レポート1に引き続き、ヴァークスイート箱根の宿泊レポートです!


ヴァークスイート箱根の体験宿泊

◇説明会


17時からの説明会を部屋で待っていたら電話が鳴り、「今から紹介用のDVDを持っていくので宜しいですか?」と聞かれ、こちらが承諾するとフロントの方ではない男性がDVDを部屋まで持ってきて、DVDをセットして「見終わりましたらフロントまでお電話ください」と言って帰りました。

DVDの内容は、ポイントバケーションリロが持つ施設の紹介から、どういう仕組みで入会するか、なぜ入会したかの事例みたいな感じのものが30分間収録されていました。

DVDを見ているときに我々家族が感じたのは、たぶん我々の家族構成にあった内容のDVDをわざと持ってきたのだろうな、ということ。

これは想像ですが、ペットがいるご家庭の体験宿泊者であれば、ペットがDVDに登場してきて、ペットとリゾートを楽しむというテーマのDVDを持ってきたような気がします。が、これはあくまでも予想なので確証はありません。

DVDを見終わりフロントに電話すると、今度は若い営業さんがお部屋に来ました。

ダイニングで1時間ほど説明を受けましたが、私たちの質問に答えるぐらいで、ゴリゴリの営業は受けませんでした。説明の中で、キャンペーンの紹介と簡単な見積もりぐらいはありましたが、今すぐ契約してくれー!といった感じでもないです。

まぁ説明の仕方がお上手なので、確かに今回の体験宿泊中に決めないと損だという感情は少し出てきました。

結局、体験宿泊に来ただけなのに、我々家族は意外と真剣に検討したような気がします。


◇夕飯


営業さんが帰ってから、19時ごろに夕食が運ばれてきました。

ヴァークスイート箱根の夕ご飯

チェックインのときに事前に3種類の中から選んでいたので、金目鯛の和食をお願いしていました。

ヴァークスイート箱根で調理されたものではなく、箱根近辺の仕出し弁当だと思われますが、すごく美味しかったです!

仮に、ポイントバケーションリロと契約し、宿泊した際は食事が一切つかないので、こういった仕出し弁当をお願いする感じになりそうです。

ちなみに、他のメニューも見ましたが、ルームサービスみたいな感じで、簡単なおつまみ程度やデザートやお酒類が揃ってました。

私たち家族は和定食だけでお腹一杯になってしまったので、追加注文はしませんでした。


◇温泉



ヴァークスイート箱根には施設内に温泉が一ヶ所、提携しているところに一ヶ所、計二ヶ所の温泉が利用できます。

今回は体験宿泊ということで、ヴァークスイート箱根内の温泉だけ使えました。

男女ともに内湯のみで、朝夕で男女入れ替え制です。

洗い場は6箇所ぐらいで、めちゃくちゃ広くはないけど、すごーく狭いわけでもなかったですが、脱衣場が狭いので夕食後の20時前後は人でごった返していました。

肝心のお湯加減は、ちょーどいい感じでした!40度ちょっとはあろうかと思いますが、さすが箱根温泉。少し白く濁っていて、お肌はしっとりになります。

温泉に入って気づいたのですが、オーナーさんらしき方々の年齢層はやっぱり高め。50歳は越えている方々と、そのお孫さんらしき幼稚園生以下の年齢の子がチラホラいました。

こういうリゾート会員施設は、ジジババが買って、お孫ちゃんたちと三世代で利用するのが王道なんでしょうかね。

そんなことを考えながら、お腹も満たされたあとに温泉入っちゃったら、まさかの22時には就寝していました。せっかく箱根まで来たのに、勿体ない(笑)


◇朝食


前夜、和食に温泉、22時に就寝と、健康的な生活だったせいか、朝7時にはスッキリ目が覚めて、ついでにお腹がペコペコで低血糖ぎみに(笑)

朝食が8時ぐらいと書かれていたので、温泉へ少し入ってのんびりしました。朝の温泉も良かったです。それに、温泉で出会ったオーナーさんからご丁寧に挨拶までしていただいて、リロのオーナーさんは礼儀正しい人が多いのかな~と思いました。柄の悪いオーナーさんが多い会員リゾートの契約したくないしね。

で、朝食は昨夜とは違うところの仕出し弁当で、鮭弁当でした。御腹空きすぎて写真撮る前に食べちゃって、写真ありません…すみません。

お箸とお味噌汁の陶器は、部屋に備えつきのものがあったので、それを使いました。

朝ごはんを家族みんなで一緒に食べることなんてほとんどないので、すごく新鮮でした。別荘があると、こういう新たな発見があるんですねー。
朝ごはんもとても美味しかったです!


◇契約するかどうかの判断

一通り説明してくれた営業さんからは、翌朝の朝食後にご判断をお聞かせくださいとのことだったので、朝9時ぐらいに営業さんが朝食を片付けるついでにお部屋に来ました。

私たちの結論は、契約しない、でした。

理由を聞かれ、契約金の値段と伝えたところ、ではいくらだったらいいですか?と聞かれ、うーん…と答えに困ってしまいました。

正直、お値段高いなと思ったのもありますが、単純にお金がないからというわけではなくて、この施設に対しての値段が高いと思ったのです。

普段、国内だけでなく海外のリゾートへ行く私たちにとっては、コスパがよくないです。

ヴァークスイート箱根がもっとラグジュアリーでXIVや星野リゾートのような施設であれば検討の余地ありですが、残念ながら私たちが泊まったヴァークスイート箱根はリゾート感があまりなく、その対価としてお金を払う価値を見いだせませんでした。

共働きなので、唯一一緒に過ごせる土日や休日はとっても貴重。だからこそ、休日を過ごす場所もすごく重要。これだけ払うのであれば、星野リゾートに何十回行った方が、私たちはいいね、という結論です。

決してヴァークスイート箱根が悪いわけではありません。私たちの価値観や生活スタイルに合わないだけです。というのも、インテリアが私の趣味ではなかった…

フロントまわりの調度品や、温泉で入り口付近の待ち合わせスペースに置かれたソファーの種類が違うことなど、デザインがチグハグで、素人目でデザインがちょっとイマイチだなーとわかる感じです。

リロさんは、ヴァークスイート箱根を気に入ってもらえたら契約してくれるだろうと、ヴァークスイート箱根の宿泊体験の機会を我々に頂けたのだと理解していますが、私たちは気にいらなかった=契約しない、という結論です。

何度も言いますが、ヴァークスイート箱根が悪いわけではなく、好きか嫌いかはその人の主観です。気に入る人は気に入るでしょう。


◇後追い営業について

後追い営業は一切しませんと、営業さんから何度も言われていたので記憶に残っていますが、今のところ一切後追い営業はありません

口コミでは、後追い営業や説明会での営業が必死すぎるといった恐ろしい宿泊体験を想像させることが書いてありましたが、全然そんなことはない。

むしろ、え?これでいいの?という感じ。確かに、何度も営業さんが部屋に来るので、終日リラックスできず、休日という感覚は薄かったです。ちょっと真剣に考えすぎたのか疲れました。


◇最後に、会員制リゾートの感想

以前、リゾートマンションの購入を検討したことがあって、関東近辺のリゾートマンションってバブルに作られたものが多くて、築年数はかなりいってますが、お値段200万円ぐらいで買えるんですよね。もちろん毎月別途管理費がかかりますけど。

それよりは、会員制のリゾートもいいよなーと思い、今回の体験宿泊をしましたが、会員制リゾートもそうだし、リゾートマンションの購入も向いてないなーと改めて思いました。

それに、アラサーで会員制リゾートなんて贅沢過ぎる(笑)というか、行く場所をまだ限定されたくない!国内でまだ行ったことのない場所は、たーっくさんあるから、1つ1つ訪れたい。

運良ければあと40年以上は健康的に生きていると思うので、もっと歳をとって、もうあっちこっち行き過ぎたから、もう行かなくいいわ~とか、孫と近場のリゾートでちょっと旅行したいわってなったときに再検討したらいいねと、家族とも話していました。

以上がリロバケーションの宿泊体験レポートです。これからリロバケーションを検討されるかたの参考になれば幸いです。

No Comments