2016年9月19日

ポイントバケーションリロの体験宿泊レポート1



先日、見事当選(?)した、ポイントバケーションリロの体験宿泊に行ってきました!

関連記事 ポイントバケーションリロの体験宿泊が当たった

いやぁー行くまでは勧誘がすごいんじゃないかとか、断ったら夜中まで説得されるんじゃないかとか色々考えすぎちゃって、行くまでに疲れましたが、じゃあ実際はどうだったのかというのを報告したいと思います。



ポイントバケーションリロ「ヴァークスイート箱根」宿泊レポート

今回私たちが向かったのは、箱根です。

「使う分だけ所有する別荘」をうたっている株式会社リロバケーションズが別荘を運営しており、その中の箱根にあるヴァークスイート箱根に今回宿泊させてもらいました。

◇宿泊当日まで


宿泊する前には、自宅に書類が届きます。



ほーいろいろ手広く事業をやっているのぅ。
と、ここで気になる文言を発見。

当クラブをご紹介させていただいたDVDをご覧いただきながら、ゆっくりおくつろぎください。」

着いてそうそう、DVD見なあかんのか・・・ガクッ。

そして、気になるのは料金。

我が家は持ち家でないので、リタイヤ後は地方や海外への移住を検討しています。それと同時に、リタイア(65歳以降)後に、再雇用で働きながら、週末は都内近郊の環境の良いところで過ごすのも良いなぁと思っているので、今回のお話は願ったりかなったりでもあります。

とは言え、今すぐに別荘がほしいわけではないし、自分たちの足で海外旅行へ行ける体力があるときまでは、国内の別荘を利用するつもりはあまりありません。

ですから、将来的に別荘を借りるとしたらの金額を知りたかったので料金表を見てみると・・・・・

ちょっとココでは書きずらい(笑)
リロの営業さんが使った表現をお借りすると、「車一台分」です。

車と言っても軽自動車もあれば、外車やスーパーカーなど色々ありますが、リロも同じように色々ランクがあるってことです!

◇宿泊当日/チェックイン


東京から約2時間、箱根へ到着しました。あー、久々の箱根~テンション上がります!

今回宿泊したヴァークスイート箱根は、ポイントバケーションリロの施設の中で最も人気が高いそうです。

『施設評価制度』第39回結果発表!

個人的には、人気ナンバーワンのヴァークスイート箱根よりも、ジャグジーがついているポイントバケーション箱根に泊まりたかった・・・。

まぁそんな文句を言える身分ではないので、まずはチェックイン。

ヴァークスイート箱根の建物前に駐車場が十数台分ほどあり、規模は思ったほど大きくありませんでした。

駐車場からフロントまでは、そんなに遠くはありませんでしたが、「え?ここがフロント…?」ってビックリするほどこじんまりした感じ。まるで、山中湖界隈のロッジかペンションみたいな雰囲気です。

フロントには人がおらず、ベルをチーンと鳴らすとニコニコした男性の方が出てきて、チェックインが終わると部屋まで荷物を運んでくれました。フロントの方は、この人に限らず皆さん非常に丁寧な対応でした。

部屋まで案内してくれたフロントの方が言ってたのですが、ヴァークスイート箱根がリロ所有する施設の中でもっとも古い、と。元々はリゾートマンションで、それをリロが買い取ったそうです。

だからか、フロント行く途中に、よくマンションにある、共通玄関前のピンポン押すセキュリティーがあったり、フロントってここ?!って場所にあたり、明らかにホテルじゃないよね、っていう造りしています。




◇お部屋の雰囲気


玄関に入ったとたん、あまーい香りが玄関に漂っていて、トイレの芳香剤や車の芳香剤が大の苦手な私は一瞬、オエッとしました。

玄関に置いてあるお香が原因でしたが、蓋を閉めることでニオイはなくなりました。好きな人は大丈夫じゃないでしょうかね。

案内された部屋は、100平米ほどの広さのお部屋で、リビングに和室、寝室、バス、トイレという感じです。




あ、キッチンも広々してました。食器やグラス、電子レンジに炊飯器まで、まるでグアムのレオパレスにあるコンドミニアムみたいです。


外の景色も、さすが箱根、緑に囲まれて癒されます。

例の説明会は17時~と言われたので、その間にでも温泉へ入りに行こうかと思ってたのですが、1時間しか時間がなかったのでバタバタするのはどうかと思い、結局テレビを見ながら時間を潰しました。

長くなってしまったので、続きはポイントバケーションリロの体験宿泊レポート2をご覧ください!