ブログ内検索

2016年6月20日

thumbnail

ガン保険に加入しました



こんにちは、アラサーOLのももこです。

ガン保険に入らなきゃなーと思いつつ、入っていなかったガン保険

ついに加入しました!(´・ω・`)

といっても現在は申し込みが完了しただけで、審査中となりますので、加入申し込みから91日目以降から晴れてガン保険が適用されます。



私が選んだガン保険

先日のブログでお話ししたように、AIG富士生命と朝日生命でほぼ的は絞り混んでおりましたので、あとはどちらか決めるだけという状態でした。

ただ、朝日生命の場合は代理店窓口を通してでないと申し込めないということもあったのと、せっかくだから、他にいい商品があれば紹介してほしいということもあり、保険ショップを予約して行きました。

保険の窓口は無数にあるので、自分が気になる商品を扱っているショップを選んだら良いと思います。

私は休日の朝一番に予約をして行きましたが、トータルで相談時間は2時間ぴったりでした。やはり、保険って車と同じで高額商品なので、じっくり選びたいですし、納得できるまでは契約したくありませんから、最低でも2時間がかかると思います。

で、最終的に私が選んだガン保険はAIG富士生命のがんベスト・ゴールドαです。

契約した中身は、
  • 悪性新生物診断給付金(主契約) 100万円
  • 悪性新生物初回診断一時金 100万円
  • がん先進医療給付金(通算最高2000万円)
  • 上皮内新生物診断給付金 50万円
を、60歳払込で毎月クレジット払いにしました。ちゃっかりクレジット払いにしてポイントを貯めます!(*´ω`)

当初、悪性新生物初回診断一時金はなしにする予定でしたが、女性がかかりやすいがんの中でも乳ガンは確率的に50%と、女性の二人に一人が乳ガンになる世の中というのと、万が一乳ガンになった場合、治療に専念するのに1年近くはかかり、休職せざるを得ないのを考えると、主契約の悪性新生物診断給付金の100万円では不十分だと思いました。

主契約の悪性新生物診断給付金を100万円から200万円にあげることもできますが、毎月の保険料が初回診断一時金100万円追加したときと比較して毎月800円ほど保険料が違うので、私は悪性新生物初回診断一時金100万円のオプションのほうを選択しました。

また、乳房再建手術の相場が、片パイ100万円とのことだったので、乳ガンと診断されたときに、とりあえず手元に200万円もらえれば、乳房再建手術までたどり着けると考えました。

私の契約には入院給付金が入っていませんが、別の医療保険で日額5000円給付のものに加入しているので、そちらでカバーし、上乗せしてAIG富士生命に加入する必要はないと判断しました。


保険加入は家族に相談してから加入しよう!

今回、保険ショップへは夫と行きましたが、夫と一緒に行って良かったなと思います。

自分がガンになったら、すべて自分のことは自分でなんとかしなくちゃ。

と、思っていたのですが、

毎月の生活費は自分がいるからなんとかなるよ、だからそんなに多く掛けなくていいんじゃない?と言ってくれたこともあり、お金の面だけではなく、気持ちの面でとても安心しました。


実際にガン保険に申し込んでみて、保険金の使い道について具体的にイメージできました。仮に1年間療養する場合、

------------------------------------------------------
生活費:月20万円×12ヶ月=240万円
治療費・通院代:月10万円×12ヶ月=120万円
------------------------------------------------------

で、最大360万円は見込んでいれば大丈夫かと。
ガン保険からは200万円出るので、そこからはみ出る160万円分は疾病手当金や貯蓄から出すつもりです。

これを頭にいれながら日々貯蓄や投資をしていくのといかないのでは、方針やポートフォリオが大きく違いますよねー。

No Comments